本土とは違う沖縄の結婚式【長所を知っておこう】

沖縄で挙式しよう

人形

沖縄で結婚式をする長所

沖縄の結婚式は本土とはかなり違ったものになります。あちらで挙式をする際は、そのメリットを活かした結婚式をしましょう。まず参加人数ですが、沖縄が地元の方と結婚した場合はその人数の多さに驚くでしょう。もっともそれだけ多くの人にお祝いしてもらえるわけですから、それはそれで幸せなことです。次は気になるご祝儀ですが、相場は一万円というところが多くなっています。ただし社会的な立場が上ならば、それ以上のご祝儀を払うのが当たり前なのは本土と変わりません。それでも本土より安めの設定になっているのは、招待客にとってはいいことです。また相場がはっきりしているので、挙式する側としてもそれを見込んだ予算が立てやすいのはメリットでしょう。それに沖縄での挙式は、プロの司会者に進行を任せるのが当たり前です。そのおかげで、スムーズかつ華やかな雰囲気の結婚式が楽しめます。加えて、沖縄の結婚式は素人の余興が派手なのが楽しみのひとつです。わざわざプロのパフォーマーを入れずとも、友人知人が総出で盛り上げ役を買って出てくれるので助かります。さらに沖縄の結婚式の結婚式では、現地の踊りも余興で出でくるのが一般的です。そのおかげで、南国ムードの漂う挙式をすることができるでしょう。それに沖縄といえば、ロケーションにも期待が持てるのもメリットのひとつです。晴れた日ならば、屋外で海と緑に囲まれながらできるのも沖縄の結婚式ならではといえます。こんな感じで、沖縄の結婚式では本土とまた違ったムードが楽しむことが可能です。しかも結婚式の前後で観光もできるので、二重の意味で楽しい結婚式になるでしょう。

花嫁

衣装にあわせたヘアメイク

結婚式当日に行われるブライダルヘアメイクは、大切な一日を気に入ったスタイルで行えるように、事前に綿密な打ち合わせを行います。イメージを掴むために実際にヘアメイクを施してリハーサルを行うので、本番で失敗することはありません。

カップル

2人の生い立ちを感動的に

結婚披露宴での生い立ちムービーの上映は、感動的かつ盛り上がります。赤ちゃんの時の写真から2人の出会いまでを追っていく映像は、ゲストにも家族にも楽しんでもらえます。式場のプランナーとも相談し、プロに頼むか自作して準備します。

お酒

パーティーを計画する役割

結婚式の二次会を計画するにあたっては、幹事の存在が重要です。幹事を担当する場合は、新郎新婦の意見を交えながらの会場探しから始めます。そして、招待状の送付と同時にパーティーの内容を決定する流れです。当日は、スケジュールに沿ってプログラムが時間内に進行するように留意します。